バカ発言の小泉進次郎、大臣就任は安倍晋三の若手潰しの可能性も!内閣の支持率が上がれば、後は用なしか?

 

安倍内閣の環境省に就任後たった数日でとんでもないことのオンパレードだった小泉進次郎。

世間では「次期総理大臣候補」「ポスト安倍」「首相候補」などと言われて期待されているが、実際の政界においてはそう思っていない人の方が多いようです。

では、彼がどういう風に自民党内で思われているのか。あくまでも個人的な考えに過ぎませんが「人気だけの若造を今のうちに潰しておこう」だと考えています。

スポンサーリンク

 

 

閣僚入りの抜擢人事は小泉進次郎を潰すため?

2019年で38歳の小泉進次郎、政界では若手のポジションにいます。元総理の息子として抜群の知名度があり、若手ということに対する期待もあってか、人気もそれなりにあります。

支持率が低迷している安倍内閣においてはこれ以上の支持率低下は致命的であると同時に、「世代交代を!若手で新しい風を!」という世論が出てもおかしくありません。

そして、もしその世論が出た時に真っ先に総理候補に挙がるのが小泉進次郎です。

そんな彼を大臣に抜擢したのは、「じっくり育てるためではなく、業績を残せないことで政治家としてのステップアップを断つ」という目的があるのではないかと思うのです。

 

政治の世界なんかは一般社会よりももっと古い体質や制度が当たり前のようにあるところです。日本の大企業とかもそうですけど、若い時に目立つ人はあまり出世できません。

無理難題を押し付けて失敗を誘ったり、周りから足を引っ張られて引きずり降ろされるのが普通です。

どうしてもその人がいないと成り立たないレベルのポジションを確保していたらまた違いますが、そうではない場合は妨害工作なんかは普通に起こります。

今はまさにそういう状態じゃないかなと思うのです。

 

父親が元総理大臣であり、二世議員。人気しか取り得がない状態にも関わらず、後先も考えない問題発言や関係者の努力も踏みにじる発言で敵も多いかもしれない。

無責任に言いたい放題をしているわけですから。

そのため、メッキを剥がすために大臣に就任させたのかもしれません。だって、本気で育てるならいきなり大臣就任なんてことしないですもん。

 

例えば、父親の小泉純一郎も大蔵政務次官・厚生大臣・郵政大臣などを歴任。

それに比べて内閣府大臣政務官及び復興大臣政務官だけというのは、大抜擢と言えばそれまでですが、例えばあなたの会社で社長が何の経験もない自分の息子をいきなり役職に抜擢したらどう思いますか?

「経験ないのに上司になるのかよ」って感じですし、押し付けられた環境省は本当に気の毒だなって思います。

 

だって、いきなり本来は希釈して海に流せる汚染水(本当は汚染されていない)の問題についてトンデモな発言をしちゃうわけですよ。しかも、環境省とは違う管轄なのに。

まぁ、原子力防災担当もやっていたので、全くの管轄外かと言えば違いますが、役職が与えられた以上は越権行為になりますし・・。

 

 

適当発言で政治生命が消える可能性も・・?

そして、そういう失敗を増やしていくとマスコミも報道するので、テレビを見ている情報リテラシーの低い人も少しずつこう思い始めます。

スポンサーリンク

「あれ?進次郎は大丈夫か?」って。

もう既に情報リテラシーの高い人からは総スカンを食らっているに等しい状態ですが、国民の大半は情報リテラシーが低いバカばかりなので、まだ大丈夫でしょう。

でも、周りには味方がおらず、このままでは大臣経験のあるだたの二世議員として終わってしまう可能性も十分にあるでしょう。

 

父親の時はまだネットが発展しておらず、まだまだ普及し始めたくらいでしたが、今はネット全盛期。情報が即拡散される社会です。

何か問題発言をした後に「被災者の気持ちに寄り添う」とか「傷ついた方にしっかり向き合う」というのは何も言ってない。

 

例えば、この新聞記事を見てください。

「環境問題は技術革新が大切」
「日本の技術を世界に広める」
「若者の関心を高める」
「除染を加速させる」

何か言っているようで実は何も言っていません。具体的な方法論が全くないんですよ。

もしあなたの職場でこんなこと言ったら、たぶん普通に怒られますよ。

いかにその場でウケることだけしか考えておらず、言ったら言いっぱなしで人任せだったかというのがわかる記事です。

 

また、何かあれば他の人が尻拭いしてくれていたのかもしれないが、大臣となった以上より厳しい目で見られるのは事実です。

ただの人気議員・スター議員の時であれば言いっぱなしでもいけたでしょうが、大臣となったらそれは通用しない。

「問題提起をしていますアピール」だけでは、今後は厳しい気はしますね。

追い詰められてそれを挽回しようとすればするほど、一発逆転思考になりやすいので、スタートからこの失態はかなり詰んでいる感じがするなと思いました。

 

【関連記事】

小泉進次郎、入閣により育休は断念?法律でも義務化できない男性育休、いつから当たり前の社会になるのか?

小泉進次郎&滝川クリステル、首相官邸の結婚報告は総理大臣の布石?

小泉進次郎&滝川クリステル結婚妊娠報告から見る、政治的な闇とは?

滝川クリステル結婚&妊娠、子どもは男の子?美しい経歴と未来の展望

 

スポンサーリンク

人気の記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です